趣味写真ですって言いたい人のブログ

写真素人のブログ。カメラ・写真・ガジェットについて書きます。

やっぱりサブ機が欲しい。

こんにちは!

 

hirobumiです。

 

α7Ⅱからα7Ⅲに乗り換えて1ヶ月が経ちました。

 

すごく買ってよかったと思っています。

近々1ヶ月使用レビューも書きます。

 

そんな中「素人だからサブ機は要らない」などと周りに言っていたに現在サブ機の購入を検討していますwww

 

【何故、サブ機を検討しているのか?】

① α7Ⅲに何かあったときのために

やはりサブ機を持っているという安心感がほしいです。。。

 

② 星空撮影のために

星空撮影で2台体制で撮るためにもう1台あればと考えています。

 

③ 天候が悪い日のでも写真が撮りたい

今はまだ雨の日の撮影はやったことがありません。

雨の日に気軽に持ち出せるカメラが欲しいです。

 

【サブ機、何にする?】

メーカーはレンズが共有できるようにSONY1択です。

候補は

・α7

・α7R

 

ボクの場合、写真が中心なのでこの2台で検討しています。

 

プロカメラマンのilkoさんがこんな動画を作っています。


安くて、最高なフルサイズカメラ!5万円で買えるなんて~!ポートレート撮影は安くて、どこまでいけるか!予算が限られてる方 & カメラ初心者におススメ機材!Sony α7【イルコ・スタイル#272】

 

こんな動画見せられたらα7買っちゃいますよね?

今現在α7は中古で5~8万円で購入できます。

α7Rは7~10万円。

5万円でフルサイズ機が買えるなんてすごいことですよね。

 

これからカメラを始めようと思っている方も間違いない一台ですね。

 

サブ機を買ったらブログで報告します。

 

hirobumi

α7Ⅲの使い方がわからない人にオススメの本

こんにちは!

hirobumiです。

 

今日は書籍の紹介です。

 

カメラ初心者の皆さん、買ったカメラの使い方を全て把握していますか?

 

ボクも含めてほとんどのカメラ初心者の方は、スペックの半分くらいしか使えてないのでしょうか?

今日は「α7Ⅲの使い方がわからない人」にオススメの本です。

 

【α7Ⅲ 基本&応用 撮影ガイド】

f:id:hirobumi292:20190416233357j:image

 

プロカメラマンの伴 貞良さんが書いています。

 

伴 貞良さんはYouTubeもやっていて以前からチャンネルは見ていました。

カメラのことはもちろん、写真・カメラの考え方などが、すごくわかりやすい解説だったので、この本は即買いでした。

α7Ⅲの使い方がよくわからないという方には是非オススメしたい本になっています。

基本を理解していると写真もかなり撮りやすくなると思います。

 

α7Ⅲに限らず他社のカメラでも基本&応用系の本はたくさん出版されています。

 

カメラ初心者の方は自分で使っているカメラのガイドブックを探してみてはいかがでしょうか?

 

hirobumi

α7Ⅲをアップデート(Ver.3.0)動物、人物を撮りたい人は必須!

こんにちは!

 

hirobumiです。

 

4月11日にα7Ⅲ&α7RⅢのアップデートが開始されました。

 

support.d-imaging.sony.co.jp

リンクのWebサイトからアップデート内容は見れますが、

【アップデートされた内容は5つ】

リアルタイム瞳AFの動物対応

リアルタイム瞳AFがシャッターボタン半押しやAF-ONボタンに対応

インターバル撮影機能の追加

ワイヤレスリモートコマンダーRMT-P1BT[別売]に対応

操作性改善

  • カスタムキーに割り当てできる機能に”MENU”を追加
  • FnボタンによるMENUタブの操作

 

注目は瞳AFが動物に対応、インターバル撮影ではないでしょうか。

 

フォトグラファーのイルコさんがにYouTubeにわかりやすくレビューしています。


Sony の神アップデート!A7R3 & A7iiiが生まれ変わるほどのバージョン 3.0!進化した瞳AF・動物瞳AF・インターバル撮影!ポートレート撮影の最高なカメラ【イルコ・スタイル#311】

 

これから動物の撮影、タイムラプスを撮りたい方はすぐにアップデートした方がよさそうですね。

 

【アップデートに必要なもの】

・カメラ本体(α7Ⅲ / α7RⅢ)

・USB Type B or C(SONY純正がおすすめ)

・PC (Windows / mac

 

 

【アップデートするときの注意点】

・接続するケーブル・バッテリーは純正がいい?

ボクの場合、バッテリーは純正、USBケーブルは他社(Anker)のものを使いましたが問題なくアップデートできました。

不安な方はどちらも純正のものを使うのをおすすめします。

 

・インターネット環境

出先でアップデートをする場合、ポケットWi-Fiだと時間がかかったり接続が不安定になることがあるので要注意です。

 

・SDカードを抜いておく

アップデートするときにも表示されると思いますが、SDカードを抜いておきましょう。データが消える可能性もあるかもしれません。

 

・バッテリーを満タンにしておく

バッテリー切れでアップデートが止まるのはとても恐ろしいです。

しっかりと充電してからアップデートしましょう。

 

 

ボクは普段、人物・動物は撮りませんがこれを機会に撮ってみようと思います。

α7Ⅲ&α7RⅢをお使いの方は是非アップデートしてみてください。

 

hirobumi

Endurance カメラバッグを買ってみた

こんにちは!

 

hirobumiです。

 

タイトル通り

「Enduranceのカメラバッグを買いました!」

f:id:hirobumi292:20190410235542j:image

Endurance Ext(エンデュランス エクステンド)。

プロカメラマン、studio9中原一雄氏が監修しています。

Enduranceの中では小さいモデルを購入しました。

 

 

 

EnduranceのWebサイトでは

初代Enduranceのコンセプトを踏襲しつつ、さらにコンパクトに・さらに軽量に・さらに多機能に進化したのが第二弾「Enduranceカメラバッグ Extコンパクト&多機能リュックタイプ」です。

と書かれています。

 

【なぜEnduranceにしたのか?】

 

①デザイン

一番の理由は単純。シンプルでカッコいいデザインです。

どうしても他社のカメラバッグは機能のほうに力を入れていてデザインがイマイチなものが多く感じていました。

それまでのカメラバッグのイメージは

・ゴツい

・デカい

・重い

 

でしたが、Enduranceのカメラバッグは余分なものを取っ払ったシンプルなデザイン。

こういうやつが欲しかったんです。

 

② 軽い

Endurance Extは重さが約1.27㎏。

中の機材を守るという点で言えば他社のほうが頑丈で厚手のカメラバッグのほうが良いと思います。

海外旅行などでは空港でバッグを投げられたらするので頑丈なタイプが間違いないですが、普段使いとしては「持ち運びやすい」「背負っていて肩・背中が疲れにくい」ということも重要です。

とくにボクの場合は趣味でスナップ、風景を撮ることが多いのでフットワークが軽くなるEnduranceにしました。

 

③ プロカメラマンが監修している。

Enduranceは店頭販売がなく、Amazon楽天での購入になるため実物が見れません。

となってくるとちょっと不安。

ですが、プロカメラマンが監修しているので少なくともある程度は安心感があります。

 

もちろんブロガーやYouTuberの方のレビューも参考にしていただけるといいと思います。

 

【使ってみて良かった点】

①使いやすい

やはりプロカメラマンが監修しただけあって使いやすいです。

カメラが横から取り出せるのはもちろんのこと、2気室構造はカメラ機材とその他で分けて収納できるので便利です。

 

②軽くて肩が疲れにくい

以前使っていたものはカメラバッグではなかったので、重たい機材を入れるとバッグが下に沈んでしまうため肩、背中にかかるストレスが大きく感じていましたが、Endurance Extは軽く、長時間背負っていても負担が少なく感じます。

 

【使ってみて悪かった点】

①カメラ機材以外の荷物は多く入らない。

 コンパクトなバッグだけあって上層の部分に入る荷物は限られます。

ロールトップを広げても衣類などを入れたらすぐにいっぱいになってしまいます。

旅行にはカメラバッグ1つで行くのは厳しいかもしれません。

 

②外ポケットの数が少ない

 Endurance HGに比べて外ポケットの数が少ないので小物はバッグインバッグ・ポーチに入れるなど考えて収納が必要になります。

 

普段から荷物が多めの方はEndurance HGを購入してもいいかもしれません。

 

 Endurance HG

 

【これからカメラバッグを買う方へ】

Enduranceはコストパフォーマンスが良いバッグですが、試してみることができないのがデメリット。

周りに使っている方がいれば手にとって見させてもらうのが良いと思います。

YouTube、ブロガー方の記事をいろいろ見てから購入してみてください。

 

また使用レビューも書きます!

 

hirobumi

Carl Zeiss Batis 2/40で撮った桜

こんにちは!

 

hirobumiです。

 

東京ももうすぐ桜の季節が終わりますね。

 

今日はα7ⅢにCarl Zeiss Batis 2/40 CFで撮った桜を紹介させていただきます。

 

写真は中目黒の桜です。

f:id:hirobumi292:20190406234739j:image

f:id:hirobumi292:20190406235116j:image

 

f:id:hirobumi292:20190406235250j:image
f:id:hirobumi292:20190406235233j:image

f:id:hirobumi292:20190407000157j:image

 

あと1週間くらいで散ってしまうと思うので写真を撮りたい方は是非行ってみてください。

 

hirobumi

3月買って良かったもの

こんにちは!

 

hirobumiです。

 

今日は買って良かったものブログです。

3月はカメラ、レンズが2本、カメラ小物が1点です。

 

「買って良かったもの 3月編」

 

SONY α7Ⅲ】

f:id:hirobumi292:20190402230101j:image

先月はα7Ⅱからα7Ⅲへカメラを買い換えました。

バッテリー容量が増えたり、オートフォーカスの性能が上がったり、デュアルスロットに、なったりと色々バージョンアップしました。

ベーシックモデルとは思えないカメラですごく満足しています。

 

Helios 44-M3 2/58】

f:id:hirobumi292:20190402230706j:image

オールドレンズの代表格、ヘリオス44。

f:id:hirobumi292:20190402230955j:image
f:id:hirobumi292:20190402230939j:image

独特な背景のグルボケが楽しめます。オールドレンズらしい1本です。

 

Carl Zeiss Batis 2/40 CF 】

f:id:hirobumi292:20190402231217j:image

f:id:hirobumi292:20190402235724j:image

先日ブログでも紹介したCarl Zeiss Batis 2/40 CF。

見た目もカッコよく、写りも良いです。

ボクのような初心者にはもったいないくらいです(笑)

f:id:hirobumi292:20190402231604j:image
f:id:hirobumi292:20190402231544j:image

 

写真が上手くなった錯覚がおきます(笑)

とにかくいいレンズです。

 

【Peak Design Capture V3】

f:id:hirobumi292:20190402234856j:image
f:id:hirobumi292:20190402234911j:image

 

バックパックにつけるキャプチャー。

f:id:hirobumi292:20190402235507j:image

f:id:hirobumi292:20190402235540j:image

脱着が簡単で移動中に両手が使えるのでとても便利です。

 

以上、4点です。

3月はカメラ、レンズなどカメラライフが大きく変わりそうな買い物をしました。

 

また4月買ったものは月末に紹介します。

 

hirobumi

良い写真ってなんだろう?

こんにちは!

 

hirobumiです。

 

突然ですが、

【良い写真ってなんだと思いますか?】

f:id:hirobumi292:20190402075543j:image

鮮明に撮れている写真?

 

雰囲気が伝わる写真?

 

色彩が綺麗?

 

SNSが溢れている時代。良い写真という定義はいろんな意味を持つようになったと思います。

 

フィルム時代と現在では「良い写真」という考え方が変わってきているかもしれないですね。

 

どんなにスゴいカメラマンが撮った綺麗な風景でも興味がなければ良い写真ではありません。

可愛いアイドルがパンを食ってる写真のほうが「いいね!」がついてしまう時代です。

 

良い写真とは人によって大きく異なります。

 

 

【自分はどんな写真を撮りたいのか】

プロでもないボクが撮りたい写真は

 

「写真撮りにいきたいなぁ。」

 

って思わせられる写真を撮りたいです。

 

とりあえず自分が良いと思える写真をたくさん撮っていきます。

 

hirobumi